業者に頼むしかないの

市が回収をしてくれる

男の人

粗大ごみの処理で困っている人もいるのではないでしょうか。新しい家具を購入したいと思っても、古い家具をどのように処分したらいいのかと困ってしまいます。最近では不用品回収業者を利用する方法も人気となっています。しかし、不用品回収業者では高い費用が必要ではないかと不安になる人もいるでしょう。しかし、川崎市では粗大ごみなどの不用品回収も行っています。川崎市では地域ごとに月2回の粗大ごみの収集日があり、収集場所に粗大ごみを出せば回収をしてくれます。ただ、このサービスを利用するためには必要な準備であったり手続きが必要になります。川崎市で粗大ごみを出す場合には、まず粗大ごみ受付センターに連絡をする必要があります。電話ですることもできますし、電子申請サービスの登録を済ませている人ならインターネットで申し込みをすることもできます。受付は、月曜日から土曜日の午前8時から午後4時45分となっています。粗大ごみ受付センターへの申し込みを済ませたら粗大ごみ処理券を購入しましょう。この粗大ごみ処理券は市内にあるコンビニ、郵便局で購入可能です。この粗大ごみ処理券に氏名または受付番号、収集日を記入の上、粗大ごみの分かりやすいところに貼って収集場所に出します。川崎市では、これだけの手順で不要な粗大ごみを処分することができます。不用品回収業者の利用に不安を感じる人は、川崎市のサービスを上手く利用して不用品を処分しましょう。

自分で捨てるよりラク

女性

引越しや年末の大掃除、部屋の模様替え、家電の故障など、大きな家具や家電を処分するタイミングは人それぞれです。自治体のごみ処理センターに依頼して、粗大ごみとして処分する方法もあるが、不用品回収業者に依頼するという方法もあります。不用品回収業者に依頼するメリットとして第一に挙げられるのは処分にかかる料金が抑えられるでしょう。物によって差はあるが、不用品回収の場合は粗大ごみ処分よりも費用が抑えられ、さらには不用品の買取額分の金額を受け取れることもあるのです。つまり収支としてプラスになる可能性もあり、不用品回収業者を利用しない手はないといえるでしょう。次に挙げられる第二のメリットとしては、不用品の運び出しや取り外しの手間が省ける可能性があるという点です。不用品回収業者の中には、家屋の中から重量や高さのある家具家電を運び出してくれるサービスを提供していることもあるでしょう。自分ではなかなか運び出すのが難しい本棚やピアノ、チェスト類などを粗大ごみとして処分したい場合もはずです。自治体によっても違いはあるものの、基本的には自分で家の外までは運び出さなければならないはずです。しかし、回収業者のサービスを利用すれば運び出す手間がなく、人手を用意することもないため非常に便利といえるでしょう。第三の利点としては、不用品回収業者なら回収日を自分の好きな日程にできるという点があげられます。自治体の回収日はすでに決まっており、人によってはスケジュールが合わずに処分できないこともあるものです。しかし回収業者に依頼すれば自治体の回収日よりは都合がつけやすいため、タイミングを逃すこともないでしょう。

処分より簡単です

電化製品

横浜で、引っ越しや買い替えにより、家電製品を処分したい場合、市町村の粗大ゴミに依頼するか、家電買い取りをしてもらうかの方法があります。行政に処分を依頼するとほとんどの場合で手数料がかかりますし、処分してもらう日まで日数がかかることもあるのです。家電買い取りの場合、横浜市内であれば査定に自宅に来てもらうこともできますし、軽いものであれば横浜の店舗に直接持ち込むことができます。家電買い取りをする際に、高く買い取ってもらう方法があります。1つはその製品が 5年以内に製造されたものであることが大切です。あまりに古い製品ですと買い取ってもらえないこともあります。2つ目はメーカーです。有名メーカーの製品であったり、人気がある製品の場合はより買い取ってもらいやすいでしょう。3つ目はその家電製品がしっかりと動作するかどうかが大切です。家電買い取りを依頼する前に、すべてのボタンを確認してしっかりと動くかどうか確認してください。以上の項目を全て満たした家電製品であれば、横浜市に処分してもらうよりもお得に電化製品の処分ができます。無料でもっていってもらうだけではなく、ちょっとしたお小遣い稼ぎにもなります。家電製品がより高価で買い取ってもらう時期は主に2つあります。新生活を始める人が多い4月より少し前の時期です。一人暮らしの方はリサイクルショップなので家電を集める方もいらっしゃいます。冬の寒い時期の暖房機器や夏に必要な扇風機など、季節柄必要になる電化製品は需要が高いです。

使わなくなったパソコン。

パソコン

パソコンが古くなったら処分しなくてはいけませんが、粗大ごみとして出すことはできません。いろいろ方法はありますが、パソコン処分業者に依頼するのが便利です。無料で引き取ってもらえますし、データ処理もしてもらえますが、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

詳細

データ消去をし再生PCに

PC

不要なパソコンを処分する方法として買取店を利用する方法があります。メリットとしてデータを完全に消去してくれるので安心できるという点です。ネットで査定情報を入力し送る方法、直接お店に持ち込む方法などありますので都合のいい方法で利用できます。

詳細

不用な家電を処分するには

家電

横浜で不用になった家電を処分する方法として、家電買い取り店に買い取りしてもらう方法があります。査定額が付けばお金を受け取った上で処分することが出来ますし、出張買い取りを行っている家電買い取り店も多いので、手間をかけずに家電の処分が出来ます。

詳細